11等級 水竹神社  蒲郡市水竹町大坪2
文治2年(1186年)6月、山城の国より勧請したという。 菅原道真、伊射波止美命(いざわとみのみこと)、高龗神(たかおかみのかみ)、保食神(うけもちのかみ)、稲倉魂命(うかのみたまのみこと)、軻遇突智命(かぐつちのみこと )を祭神とし、例祭日は10月第2日曜日。
神社の入口には、幹周3.83m、根周り 5.2m の松で、蒲郡の名木50選(20) の一つとなっている ” 水竹神社の松 ” があり、拝殿の右手には、玉の海関が横綱に昇進した時に参拝した記念植樹の木がある。  
そして、すぐ横には「鞘ヶ淵」の碑があり、蒲郡のむかしばなし「 さやがぶち」が伝えられている。
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2015年09月29日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

 (11) 横綱玉の海参拝記念植樹 

 (12)

 (13) 「鞘ヶ淵」の碑

(14)  ここをクリックすると昔話のページへ

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ