● おしょせん様 前のページへ戻る   HOMEへ戻る

 本久部落の丘の上に大日堂が建っている。(略)
 この大日堂の前に、お地蔵様と卵塔が祭られた祠があり、これをおしょせん様と呼んでいる。このおしょせん様は、できものを治してくれると信じられていた。
 「おしょせん様どうかかさを治してください。治してくださったら、あなたのお好きな松笠をわたくしの齢の数だけ上げます。」と言って願を掛けるのであった。また、耳だれを治してもらいたい時には、
 「おしょせん様、どうか耳だれを治してください。治してくださったら穴あき石を上げます。」と願を掛けた。
 願を掛けた人たちが、病気を治してもらったお礼に上げた松笠や穴あき石が、今も祠の前へ山と積まれている。

 鳳来町誌民族資料編(南設楽郡鳳来町発行) より引用 


大日堂とおしょせん様、供えられた松笠と穴あき石

一つ前へ戻る        HOMEへ戻る