赤塚山・秋葉神社  豊川市市田町東堤上1-30
赤塚山公園水の広場 の東側から、鳥居強右衛門勝商顕彰碑 の横を通って、約300段の石段を登り切った所が標高74mの赤塚山山頂。
そこには 伊知多神社 の末社で、火之迦󠄀具土神(ひのかぐつちのかみ)を祭神とする秋葉神社が鎮座している。 以前は保食(うけもち)神社もあったが、令和2年4月22日に伊知多神社境内に遷座している。そして、その横には大きな穴が掘られてあり、秋葉火祭り の時、伊知多神社 を発した松明行列が、鎮火・防火の神である秋葉神社に到着し、赤々と燃えた大きな松明が、この穴の中で燃え尽きる。
山頂からの展望は開けていない。 帰りは、東西に道が伸びているので、気の向くまま回り道して帰るのも良い。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2018年09月23日撮影 】

(1)道路際にある赤塚山石柱【 2022年1月2日撮影】

(2)

(3)ここから長~い石段が続く

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)山頂

(12)右:秋葉神社

(13)左:保食神社

(14)今は取り払らわれて・・・

(15)伊知多神社境内に遷座している

(16)秋葉火祭りの松明は、この穴の中で燃え尽きる

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ