[ 霞 座 ]

明治38年、地元有力者が資金を出し合って、1,100人収容の大娯楽の殿堂「霞座」が完成!
昭和40年まで、国府の人々を楽しませてくれた。

右下に流れるのが音羽川。堤防いっぱいまで川幅が広がっていて、水の中では子供たちが魚取り等を楽しんでいる。

川に架かる橋は、豊成橋。

← 中日新聞社発行 [写真集 愛知百年]より



 

昭和24年(1949年)、国府町青年団による「宮本武蔵」が公演される。
地元の人達の色々な催しも行われ、地域に密着した娯楽施設となっていた。
霞座は、当時の「娯楽の殿堂」として、美空ひばり をはじめ多くの芸能人の公演が行われたり、記録映画「南極大陸」など、様々な映画も上映された。


当時の公演チラシに印刷された広告から、国府の町にはいくつかの洋裁学校があったらしい。

この頃の電話番号は、局番無しの1〜2桁の番号!
電話をかける時は、ハンドル(写真には見えない)を廻して電話局の交換手を呼び出し、相手の電話番号を伝えて、接続してもらっていた。
上にある2つの椀型の物がベル、左に掛かっているのが受話器、正面の丸い黒い部分が送話器。外観は木製。

昭和24年(1949年) NHKの「私は誰でしょう」が放送開始。
NHKの「とんち教室」が放送開始。
東京証券取引所と大阪証券取引所が設立。
東京消防庁が火災専用電話「119番」を設置。
高校野球で小倉北の福島カズオ投手が甲子園の土を持ち帰る:甲子園の土の持ち帰り第1号。
お年玉付き年賀葉書が発行。

トップページへ戻る