小島喜八の碑  蒲郡市形原町東欠ノ上39-5 このページを印刷
天保14年(1843) 5月1日 形原町音羽で漁師の長男として生まれ、強い糸・強い網を求めて研究を重ねてた結果、明治7年に日本初の麻糸製造機を考案して形原麻綱の元祖といわれている。 大正3年(1914) 4月8日 72歳で没。
形原町では今でも毎年5月下旬に小島喜八への感謝と敬慕の行事「元祖祭」が行われている。
碑は、中部繊維ロープ工業協同組合 の敷地内、駐車場の横にある。
東三河ゆかりの人 詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2013年10月06日更新 】

(1)

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ