医王神古墳(いぼがみこふん)  蒲郡市五井町 このページを印刷
医王神古墳は、直径十数メートルの古墳時代後期の五井古墳群の一つ、円墳で、石室は崩れていて露出しているが古墳らしい姿を残しているのはこの古墳だけ。昭和32年1月10日  市指定史跡
「昔、松平の殿様の沢山のイボが出来たお姫様が、岩の窪みに溜まった水をつけるとイボが落ちると伝え聞いて、早速お参りをしてその水をつけたところイボが落ちました。それ以後は医王神(いぼがみ)と呼ばれるようになったという伝説が伝わっている。」という。(説明板より)
      蒲郡の昔ばなし「 いぼころり
東三河の古墳 詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2013年11月16日更新 】

(1) ここを左に入る。

(2)

(3)

(4)写真をクリックすると拡大表示されます

(5)

(6)

(7)

(8)この窪みに溜まった水をイボにつける

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ