元徳寺跡・水竹城址  蒲郡市水竹町松前 このページを印刷
元徳寺は浄土真宗本願寺派の寺院で、山号は松林山。しかし、今は本堂は無く、松前地区の住宅の敷地内に墓と石仏が残っている。
この元徳寺の在った場所には、金田小太夫頼治が築城した水竹城があったというが、遺構は全く残っていない。ただ、頼治から4代目の孫近江介信政が三州田原の合戦で討ち死にしたという碑と、五輪石がある。

    かまこおり風土記「 寺内の元徳寺縁起
東三河の城跡  東三河の寺院 個人宅のため地図は表示できません   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年03月09日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)写真をクリックすると拡大表示されます

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ