西浦松島・松島地蔵・松島のクロマツ  蒲郡市西浦町大山 このページを印刷
西浦松島は、西浦半島の先端近く沖合約200mにある小さな島。  強い海風にさらされて横長に広がる独特の形のクロマツは、松島のクロマツとして 蒲郡の名木50選(46) に指定されており、その古木の陰に1.5m程の松島地蔵がある。 このお地蔵様は安政元年(1854)の安政東海・南海地震による大津波で流失し、その後、バラバラになっていた胴体が漁師の網で拾われたが、左手だけは見つからなかったという。 そして胴体は縁の元である 大光院 に移され、左手を復元して現在の入口の石段の脇に鎮座している。 従って、今、松島にあるお地蔵様は2代目ということになる。 また、見つからなかった左手は西浦海岸に流れ着き、この時、松島の黒松の種がパームビーチ まで運ばれて育ったのが、今の石割の松(ど根性松)だという。
東三河の自然  東三河の石仏 詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)

(2)

(3)写真をクリックすると拡大表示されます

(4)

(5)

(6)

(7)松島のクロマツ

(8)松島地蔵

(9)大光院にある初代の松島地蔵

(10)石割の松

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ