養円寺のヤマモモ  蒲郡市相楽町上ミ61
天授元年(1375年)に創建された曹洞宗の寺院で、山号は宝国山。
境内に入って左手に枝をいっぱいに広げたヤマモモの老木。 右手にある ヒノキ と共に山門の背景となっている。
幹周 2.76m、根回り 3.86m、6月頃には赤い実をつける雌株で、蒲郡の名木50選(4) の一つ。
初夏には赤い実をつけるが、 時期には熟した実が落ちて、木の周りは足の踏み場もないほど・・・・ 
今はこの実を食べる人もいないんだ!
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2016年06月16日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)
初夏には真っ赤に実が熟す 【 2020年6月25日撮影 】

(11)

(12) 

(13)

(14)

(15)木の下には熟した実がいっぱい落ちている

(16)今は誰も食べないのか?

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ