天桂院・西郡松平家の墓     蒲郡市蒲郡町荒子83
永正9年(1512年)岩津城主松平信光の嫡男松平守家の菩提のために、渥美郡大久保村(現田原市)の長興寺 四世模外惟俊禅師を勧請して建立したのが始まりという曹洞宗の寺院で、山号は龍台山。 本尊は十一面千手観世音菩薩で、縁結び学業成就などの霊験あらたかに数々の不思議もあって、多くの人に信仰されている。  当院は西郡の四大寺三河三十三観音13番霊場穂の国三十三観音17番霊場
墓地と本殿の間の石段を上がった所には、西郡松平家一族の墓があり、左手の高台の墓地には、横綱玉の海の墓 もある。
当院には、西の郡の民話 ほんとのんほい「 酒飲み天神様」の話が伝わっている。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)ここをクリックすると拡大表示されます

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ