石造り十二神将像  新城市門谷下分垂
国道257号横川地区の追分バス停を過ぎた所から東へ入り、轡渕伝説 の橋を渡って200mほど進むと、道沿いの左手に、祠の中に祀られた12体の石像がある。 「石造十二神将像」と言われ、真ん中に3体の薬師三尊像(薬師如来、日光菩薩、月光菩薩)、左右に6体ずつの十二神将が並ぶ。
当時は参道に点在していたものを、道路改修を機に現在の場所に集められたと伝えられ、平成12年(2000年)3月21日 新城市指定文化財 になっている。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2017年09月03日撮影 】

(1)鳳来寺方面に向かうと道の左手にある

(2)

(3)薬師三尊像(月光菩薩 薬師如来 日光菩薩)

(4)左側6体の十二神将像

(5)右側6体の十二神将像

(6)写真をクリックすると拡大表示されます

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ