亦谷中世墓地・瀧川助義の墓    新城市出沢亦谷12 
亦谷中世墓地は 新城総合公園 と県道21号(豊川新城線)の間にある373㎡の広さをもつ瀧川家の墓地で、昭和53年11月22日   市指定文化財(史跡) になっている。
墓の中央には、長篠設楽ヶ原の戦いで、武田軍の笠井肥後守満秀と組討ちした織田軍瀧川源右衛門助義の墓がある。
また、滝川助義設楽貞通 と駐屯していたという 出沢砦址 は、ここから500m程北にある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2015年02月28日更新 】

(1) 県道21号のここから入る

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7) 瀧川助義の墓

(8)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ