於フウの墓  新城市玖老勢地造入
奥平貞友の娘 於フウ(13歳)は、元亀2年(1571年) 作手亀山城 主奥平貞能と長男貞昌(後の 長篠城 主奥平信昌) が武田信玄に降伏した時、貞能の次男 仙千代(10歳)と、萩城 主奥平周防勝次の次男 虎之助(13歳)と共に人質として甲斐に送られた。
天正元年(1573) 4月 武田信玄が病死すると、奥平貞能は再び徳川氏に帰参したため、激怒した武田勝頼 は、9月21日、山県昌景 に命じて奥平氏の人質を処刑した。 この時 於フウ 16歳、虎之助 16歳、仙千代 13歳の若さだった。
ここから更に下に降りた所には、於フウ処刑の地 がある。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2014年05月22日更新 】

(1)道路脇の「長篠合戦のぼりまつり」の旗が目印

(2)ここから下へ降りて行く

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)この下 処刑の地

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ