中宇利のハクモクレン 新城市中宇利福津 このページを印刷
県道81号豊橋下吉田線を富岡から黄柳野方面に向かい、慈広寺 を過ぎて1.5Km程行くと右手にハクモクレン(白木蓮)の大木がある。
冬の寒い頃に芽吹いて、3月下旬になると木全体が雪化粧したかのように真っ白になり、思わず車を停めて見入ってしまう程の姿を見せてくれるし、秋になると色々な形をした実が生る。
幸いにも、この木の脇に車1~2台停められるスペースがあるので、ここに駐車してゆっくり観賞できる。
   モクレンの花はここでも楽しめます
東三河の花巡り    詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2013年03月26日撮影 】
蕾が膨らむのは冬の寒い頃 【 2018年1月6日撮影 】

(1)

(2)
春になると真っ白い花を咲かせる【 2013年03月26日撮影 】

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)
秋には色々な形をした実が生る 【 2018年9月11日撮影 】

(15)

(16)

(17)

(18)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ