渋谷金王丸祠と墓  新城市玖老勢字向貝津
平治の乱(1159年)で平家に破れ、現在の知多郡美浜町野間の長田忠致・景致の館へ逃れてきた源義朝は、長田氏に騙し討ちされ、長田父子は鳳来寺に逃げ込んだ。 義朝の家来、渋谷金王丸は長田父子を追って現在の玖老勢地区まで来て、逃げ込んだ鳳来寺から長田父子が出て来るのを待ったが、仇討ちを果たすことなくこの地で病死したという。 
渋谷金王丸の祠は 鳳来寺小学校 の裏山にあり、墓は、 浜松市北区引佐町渋川 にある。
      鳳来町誌民族資料編「 渋谷金王丸の祠」  
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2014年09月22日撮影 】

(1)ガードレールの切れている所から入る。

(2)ここを進み・・・

(3)この橋を渡ってすぐの所にある。

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)
渋谷金王丸の墓は、浜松市北区引佐町渋川にある 【 2015年8月22日撮影 】

(11)写真をクリックすると説明板が拡大表示されます

(12)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ