布里城(栗峯城)  新城市布里字栗峯
菅沼忠道によって築城されたというが年代は定かではなく、後に 田峯城 の支城として今川方だった菅沼定直が居城した。
弘治元年(1555) 田峯城主・菅沼定継 が作手の 亀山城奥平貞勝 と共に 今川義元 に背いたため、弘治2年(1556年)5月 に戦となり、織田方の奥平貞勝は今援軍に敗れて降伏、菅沼定継は菅沼一族の中で孤立し、田峯城に逃れることなくここ布里の地で自刃した(布里の戦い)。
          鳳来町誌民族資料編 「 布里城趾」  
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2013年04月04日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ