林籐太夫高英屋敷(長篠陣屋)跡     新城市長篠矢貝津28
長篠城跡 の駐車場の入口三叉路の北東角に、糧倉趾の標柱と共に「林藤太夫高英屋敷跡」の石柱が立っている。
林藤太夫高英は、一色氏の代官で、日置流雪荷派の弓の名人でもあり、長篠城の一角にあった 城藪稲荷 に住む 「 おとら狐」 と共に、鳳来の伝説にもなっている。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年07月10日撮影 】

(1)駐車場から屋敷跡を見る

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ