姥ヶ懐陣地・三枝兄弟の墓(三枝守友・三枝守良守義の墓)   新城市乗本東畑
三枝勘解由守友は、長篠・設楽原の戦い長篠城 包囲体勢の一環として姥ヶ懐に陣地を置いた(姥ヶ懐陣地 又は 姥ヶ懐砦)。
5月21日の早朝、織田・徳川連合軍の別働隊を率いて鳶ヶ巣山陣地に奇襲をかけた 酒井忠次 に対して、三枝守友・三枝守義の兄弟は、武田の遊軍(浪人衆)を率いて奮戦したが、ここで壮絶な討死を遂げた。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)この右の道を進んで行く

(2)入り口には標識がある

(3)足元に気をつけて・・・ 左下は県道69号線

(4)

(5)

(6)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ