ちゃちゃあ淵 前のページへ戻る   表紙へ戻る

 湯谷の弘法山の下の宇連川の真中に、大層広くて深い淵があり、「ちゃちゃあ淵」と呼んでいる。
 昔、この淵に大蛇が住んでいたので蛇の淵、蛇に淵といわれ、それがやがて言いやすいチャチャア淵と呼ばれるようになった。
 この淵に住んでいた大蛇は比べようもない大きなもので、ときどき現れては乱暴を重ね、村人たちを困らせていた。村人たちは思案のあげく、淵の近くへ水神様を祭り、大蛇を鎮めてもらうことを考え、村中総出で水神様の祠を作って祈願をこめた。するとあれほど乱暴ものの大蛇も、急に出没しなくなり、村中が明るく平隠になった。この時に作って祭った水神様は水神宮と呼ばれて、今でも氏神様の例祭の時に祭られている。
 この大蛇について、能登瀬の草分けの野沢佐代治氏の家に古い文書がある。それによると、ちゃちゃあ淵の竜宮城に住んでいた大蛇が9m余になってしまったので、この淵よりもっと大きな北設楽郡の奈根村にある淵へ移って行ったと書いてある。村人が水神様を祭った時に移ったのかも知れない。

鳳来町誌民族資料編(南設楽郡鳳来町発行)より引用


ちゃちゃあ淵

東三河の伝説・昔話        前のページへ戻る        表紙へ戻る