慈廣寺・縁結びの木(ケヤキ)  新城市中宇利字大幡4
曹洞宗の寺院で、山号は乳峯山、文明13年(1481年)宇利城熊谷摂津守熊谷重実 の建立だという。
慈廣寺を入ってすぐ右手の駐車場の一角に2本の木が手をつないで、あたかも一本の木が大きく聳えているように見える「縁結びの木」 と呼ばれるケヤキがある。 でも、折角の説明板、汚れっぱなしになっているのが気になる・・・・・
春には 白モクレンの花 を、初夏には ハスの花 を楽しむことができる。  
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2011年05月11日撮影 】

(1)

(2)羅漢像

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ