伝説のさかさ桑  新城市長篠字森下19 このページを印刷
長篠 の落武者だったが武田勝頼が、民家の庭に杖をつきさしたら、そこから桑の芽が出たが、下方に向かってだけ伸びるので、さかさ桑 と名付けられた、という伝説の桑の木が、 JR長篠城駅 を出てすぐ右手にある。
さらに、長篠城址史跡保存館 の駐車場の一角と、小松ヶ瀬 にもある。
     鳳来の伝説「 さかさ桑
東三河の名木 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
   

(1) 長篠城駅

(2) この駅に向かって左手にある

(3)

(4)写真をクリックすると拡大表示され、もう一度クリックすると元に戻る
5月には沢山の実が生っていた~ 【 2019年5月13日撮影 】

(5)

(6)

(7)

(8)熟し始めたものもある

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ