甘泉寺・鳥居強右衛門勝商夫妻の墓 新城市作手鴨ケ谷字門前23
応安3年(1370年)9月に臨済正宗22世弥天永釈大和尚により開山され、山号は翔龍山で、本尊は釈迦如来、作手三弘法 の一つ。 山門に続く石段の参道は、樹齢約300年以上という杉の巨木が両脇を囲み、歴史ある風景を醸し出している。
境内には織田信長が葬ったといわれる 長篠の戦い の功労者、鳥居強右衛門勝商と夫人の墓碑があり、寺内には位牌が祀られている。
鳥居強右衛門勝商 は、豊川市市田出身 であり、妻は作手村市場の生まれである。 勝商の墓は 新昌寺 にもある。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10) 写真をクリックすると拡大表示されます

(11)

(12)

(13)

(14)

(15) 写真をクリックすると拡大表示されます

(16) 障害者用トイレは本堂傍の駐車場の横にある。

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ