田代の石仏群  北設楽郡設楽町神田
県道32号長篠東栄線の神田地区を南下していると道路の左側に石仏群がある。
子安観音、塞の神、弘法大師、粟嶋大明神(安産の神)、如意輪観音などが集められているが、長い年月を経ている為か? 像の輪郭がはっきりしないものや、彫られている文字も読み取れないものもあり、歴史を感じさせる。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2015年08月01日撮影 】

(1)県道32号を南下していると道路の左側にある。

(2)

(3)

(4)中央は仏坂神田三十三観音第一番の如意輪観音

(5)子安観音

(6)念仏供養塔

(7)

(8)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ