湯谷城址  北設楽郡設楽町西納庫城根山
室町時代後期、名倉奥平氏により創建されたという。
国道257号を北上し、名倉小学校 を過ぎて300m程行くと道路左手に案内標識があり、この標識の所を入ると町道386号湯谷寺屋敷線で、真っすぐ進むとフェンスで遮られる。フェンスを開けて、ジグザグの道をひたすら上ると、やがて行き止まりとなり、そこは墓地で、この一帯が湯谷城趾。 墓地より更に奥に入って行くと、土塁や堀切のようなものが見える。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年06月16日撮影 】

(1)道路左に案内標識がある

(2)町道386号湯谷寺屋敷線を進む

(3)フェンスを開けて入る。

(4)

(5)入口にはこの標識が・・・

(6)ジグザグの道をひたすら進む

(7)行き止まりの所は広い駐車場

(8)右手に墓地があり、

(9)ここが湯谷城址

(10)墓地の奥には・・・

(11)土塁や堀切のようなものが見える

(12)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ