左四郎堤  北設楽郡設楽町西納庫広見
江戸時代の後期、大平村(旧名倉村)の庄屋・澤田左四朗が私財を投じてここに堤防を築き、豪雨による被害を防いだと云う。
今、この名倉川の堤防は、桜の名所 として、春には多くの人がこの堤の散策を楽しんでいる。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2013年05月03日撮影 】

(1)

(2)ここを入った突き当りが左四郎堤

(3)

(4)

(5)

(6)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ