真久峠  北設楽郡設楽町津具真久 このページを印刷
県道80号東栄稲武線の南平野地区から林道大沢中俣線に入り大峠登山口の案内に従って進む。1Km弱進むと大峠登山口入口の標識があるが、判り難い。今回は、ここから更に林道を1.7Km程進むと、標高769mの峠に達する。写真(10)の標識の所から山に入って行くと、すぐに標高785mの真久峠となり、真っすぐ進むと、先ほどの大峠登山口へ行き、左に進むと大峠へ向かう。
真久峠には、一体の石仏があるが、昔は、馬頭観音他数体の石神仏が祀られていたという。
東三河の峠 詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年04月25日撮影 】

(1)ここを真っすぐ進む

(2)

(3)道の入口角にはこの標識がある

(4)この緩い左カーブの右側が大峠登山口

(5)入口にはこの標識がある

(6)

(7)林道大沢中俣線を更に先へ進む

(8)林道の左下はこんな感じ

(9)この先を右に入る

(10)角にはこの標識がある。No15の方向へ進む

(11)

(12)

(13)この先は溜淵方面へ

(14)溜淵方面から来るとこんな感じ

(15)峠には石仏が・・・

(16)右へ行くと大峠へ

(17)大峠入口

(18)この先は写真(12)へ

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ