伊良湖神社・糟谷磯丸霊神祠・磯丸燈籠   田原市日出町骨山1066番地
伊良湖神社は、その昔、伊良久大明神と呼ばれた大変古い神社で仁明天皇の嘉祥年中(848年-850年)の草創で、栲幡千千姫命を祭神とする。
大晦日から元旦にかけて 「ごせんだらまつり」が、4月の第3日曜日には「おんぞまつり(御衣祭)」が行われる。
また、江戸時代末期の歌人 糟谷磯丸 の霊神祠と旧里碑が祀られており、拝殿前広場の入り口には、「天保六午年十一月 願主磯丸」と刻まれた一対の石燈籠(磯丸燈籠)が奉納されている。
40Km以上離れた豊橋市の二川駅近くには、伊良湖神社への道標 がある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2014年12月27日更新 】

(1)参道入口

(2)

(3)

(4)糟谷磯丸霊神祠

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)磯丸燈籠( 2020年12月14日撮影)

(10)天保六午年十一月 願主磯丸

(11)

(12)

(13)

(14)

(15)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ