一色七郎邸跡(一色屋敷)・一色七郎墓跡   田原市大草町前田
室町時代、三河渥美郡の領主だった 一色七郎政照 は、1467~1477年「応仁、文明の乱」の間、京都へ出陣し戦い続け、その間に大津(豊橋市老津)の 高縄城戸田宗光 の渥美攻略で領地を失い、和睦を経て、1479年 ここに隠居屋敷を築いたが、2年後の文明13年(1481)4月、病にて没。
死後、当時の 田原城 主戸田宗光が菩提のために宝憧寺を建てたが、後に廃寺となる。
昭和40年(1965年)までここに一色七郎の墓があったが、土地造成のために 長興寺 に移され、現在は石碑と説明板があるのみで、遺構は無い。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2005年02月02日撮影 】

(1)

(2)

(3)写真をクリックすると拡大表示されます

(4)

(5)長興寺

(6)長興寺にある一色七郎五輪塔

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ