馬草城跡    田原市野田町寺海道
馬草の洪積台地の急峻な崖を利用した城で、天平18年(1590年) 田原城主伊木長門清兵衛の家老・加藤平右衛門が城主として居住するが、慶長5年(1600年)関ヶ原の戦い後、池田輝政が播州に国替えになると共に廃城となる。― 野田史(野田区自治会)より ―
今は高台の上は住宅地となり、遺構らしきものは見当たらないが、この台地そのものが遺構か?・・・
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年02月21日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)今は台地の上は住宅地となっている

(6)台地から馬草港を望む

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ