15等級 白山社のネジキと花   田原市西神戸町大辻139
白山社の創建は、寛永6年(1629年)正月12日、加賀国白山権現を勧請祀ったのが始まりという。
伊邪那毘命(いざなみのみこと)、菊理毘咩命(くくりひめのみこと)、稲倉魂神(うかのみたまのみこと)、火武主比神(ひむすびのかみ)、武速進雄命(たけはやすさのおのみこと)を祭神とし、例祭日は10月12日。
拝殿の左手、狛犬の後ろに、樹高 3.8m、幹周 1.2cm、推定樹齢 100年以上で、たはらしの巨木・名木100選(33) に選ばれているネジキの木がある。6~7月に下向きに白い花を咲かせ、秋には上向きに実をならせるという。
東三河の神社  東三河の名木 このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【2013年9月19日 撮影】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)木がねじれているから「ネジキ」
初夏には下向きに白い可憐な花を咲かせる 【2014年5月23日 撮影】

(13)花は下向きに咲く

(14)

(15)

(16)

(17)

(18)

(19)秋には上向きに実をつける

(20)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ