古都橋   北設楽郡東栄町振草古戸北浅井15
県道80号東栄稲武線ができるまでは、この橋が架かっている道が主要道路で、当時はここで仔馬市も開かれたという。
そんな賑わいを見せたことから、河内川に架かるこの橋を「古都橋(・・・)」と名付け、親柱には大きく「古都橋」の名がある。
この橋は昭和5年(1930年)に架けられたが、県道が出来てからは、この橋の下流に大きく立派な橋が出来、その名を「古戸橋(・・・)」という。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年06月27日撮影 】

(1)古戸橋から上流の古都橋を望む

(2)こんな小さな橋にも、ハイカラな名前が・・・

(3)橋の上から上流を望む

(4)橋の上から下流を望む

(5)親柱には「古都橋」の名が・・・

(6)今はこんな感じ

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ