14等級 小林諏訪神社   北設楽郡東栄町振草字小林仙登
創建は長享2年(1486)12月という。 祭神は、建御名方命(たけみなかたのみこと)、誉田別命(ほむだわけのみこと)、大国主命(おおくにぬしのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)で、例祭日は11月第2日曜日。
小林地区の花祭りの舞台でもある。
国道151号から県道431号八橋中設楽線を進み、小林地区の大平橋の手前を右折すると左手に鎮座している。

このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2016年05月23日撮影 】
PHOTO-1

大平橋の手前を右に入る。

PHOTO-2

100m程進むと左に下る坂がある。

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

花祭りはここで催される。

PHOTO-7

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ