下粟代のイチイ  東栄町大字振草字下粟代大屋路
イチイの木は、この木で「笏(しゃく)」を作ったことから、一位の位にちなんで「イチイ」と名付けられたという。
樹高 約20m、幹周り 約4m、樹齢 400年以上の老木で、痛々しいほどの姿だが、しっかり根を張っているようだ…

  1961年3月30日  県指定天然記念物 になっていたが、  2011年9月の台風12号で倒木し、現在は指定解除となっている。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2011年04月21日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ