荒神場の滝   北設楽郡東栄町本郷伝峯
東栄町役場の東側の道から北上すると、300m程で小さな橋(名前は分らない)があり、この沢から足込川に落ちる落差3m程の滝がある。 
滔々と流れ落ちる・・・と、云うものではなく、岩の上を滑り落ちるように流れる水は、「滝」のイメージとは異なる・・・
すぐ横には、幾つかのお地蔵様が祀られており、中には、明治17年1月27日の日付が読み取れる。
この道を真っすぐ進むと、県道74号阿南東栄線の峯山橋へ出る。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年04月11日撮影 】

(1)左のガードレールの所

(2)すぐ横には石仏が祀られている

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)明治17年・・・と読み取れる

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   前のページへ戻る   このページのトップへ