下条東町の道標    豊橋市下条東町下若根
県道394号中条豊橋線と県道69号豊橋乗本線が交差する鷺橋北交差点の北角に、三角頭の道標がある。
道標としては珍しいこの形は、江戸末期(1830~1843年)頃に関西方面から伝わった形式だという。
中央には「馬頭観世音菩薩」と刻まれており、右志んしろ、左とよ川・本宮山は読み取れるが、後は判読困難・・・
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年03月01日撮影 】

(1)鷺橋北交差点の北角

(2)馬頭観世音菩薩 右志んしろ 左とよ川本宮山

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ