西郷義勝の墓  豊橋市石巻中山町字城屋敷 このページを印刷
元亀2年(1571)武田信玄は長篠城 を攻め、その後、新城市設楽ヶ原の竹広に兵を進めて 川路城 の設楽貞道を攻める。 この時設楽勢に加わった 五本松城西郷義勝 は戦死し、その墓と云われるものが 菩提寺 の裏の柿畑の奥、少し高い丘の上にある。 
草に覆われて簡単には見つけられないが、草の中を覗き込むように探すと、墓石の一部が見えてくる。 その後ろに回ると写真(3)が見える。
東三河の墓碑 詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2017年02月12日撮影 】

(1) 菩提寺の裏のこの茂みの中にある

(2)

(3) 墓碑は草に埋もれている

(4) 五本松城址

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ