大雲寺のナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)  豊橋市老津町字大津中80
大雲寺は臨済宗のお寺で、山号は金福山。 山門の脇には、君が代 に歌われているさざれ石があり、5月にはいると境内にある数本のヒトツバタゴ(ナンジャモンシャ)が白い花を咲かせる。  ナンジャモンジャの花は、ここでも楽しめます。
16日に訪れた時にはチョッと遅かった~! しかし、地面を真っ白に染めた花びらは、また違った楽しみを味わうことができる。そして、初秋には直径1cm程の丸い実が生る。
    ここをクリックすると音楽研究所 からダウンロードした君が代の音楽が流れます。パソコンの音量にご注意下さい。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2016年11月07日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

(15)

(16)

(17)

(18)木の下は花弁で真白!!
秋には沢山の実が生る【 2019年9月22日撮影 】

(19)

(20)

(21)

(22)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ