白山比咩神社・吉田天満宮・吉田新銭座跡・筆塚と小林仁一郎翁之碑   豊橋市広小路3-82
創建は明らかでないが、安海熊野神社の脇宮として祀られたという。
祭神は伊弉册命(いざなみのみこと)、菊理姫命(くくりひめのみこと)、菅原道真で、例祭日は5月5日。
境内の一角には、江戸時代の寛永通宝を鋳造した吉田新銭座の跡や、豊橋筆産業の復興に尽力した 小林仁一郎翁 之碑と筆塚がある。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2016年02月10日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)白山比咩神社

(6)

(7)菅原道真公が祀られているので、牛像も・・・

(8)さざれ石

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)小林仁一郎翁之碑と筆塚
筆塚は筆の穂先、碑は硯石を表しているという

(14)ここで江戸時代に「寛永通宝」が鋳造された…
 

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ