豊橋ハリストス正教会   豊橋市八町通 3-15
豊橋には明治初期に既に信者がいたという。 信者の増加に伴い大正2年(1913年)に初代神父マトフェイ影田叙聖35周年祝賀を記念して建てられたロシア正教の教会。
現存する県下の正教会では最古のもので、ビサンチン様式の白亜の聖堂には多くの美術工芸品やイコン(聖像画)が保存されている。

  国指定重要文化財: 平成20年(2008年)年6月9日 聖使徒福音者馬太(マトフェイ)聖堂
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)

(2)

(3)

(41)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ