熊太郎社    豊橋市牟呂公文町6-8 このページを印刷
創建は明らかではない。
祭神は熊太郎、龗神(おかみのかみ)で、例祭日は9月10日。
天武天皇の皇子・開元親王の臣、熊太郎なる者が、親王の後を追って自害したので、この社を建てたのが始まりと言う(「ふるさと豊橋」より )。
     豊橋の民話 「 海に消えた皇子
東三河の神社 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2016年04月14日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ