馬越長火塚古墳(まごしながひづか)  豊橋市石巻本町字紺屋谷18 
県下最大の横穴式石室をもつ全長約64m、前方部26m、高さ2m、後円部は直径32m、高さ5.5mの前方後円墳で、説明版と反対の南側に入り口がある。六世紀後半に築造され、この地方で大きな力を持った国造の墳墓と考えられ、発掘調査では金銅装馬具や玉類、鉄器須恵器など豊富な副葬品が出土している。 昭和56年11月20日 県指定史跡 となっていたが、今は大塚南古墳口明塚南古墳を含めた「馬越長火塚古墳」として、平成28 年3月1日に国指定史跡になっている。
県道から乗用車の侵入は要注意!
東三河の古墳 このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2019年06月07日更新 】

(1)県道からの入口にはこの標識がある

(2)ここを斜め左に入り、

(3)あとは、柿畑の中をひたすら進むと、

(4)前方に説明板が見えてくる

(5)以前は「古墳」の説明だったが・・・

(6)今は「古墳群」に・・ 写真をクリックすると拡大表示されます

(7)

(8)

(9)石碑は石室の天井石を利用して作ったという

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

(15)

(16)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ