老津神社・宮脇1号墳     豊橋市老津町宮脇14番地 このページを印刷
老津神社は正哉吾勝勝速日天忍穂耳命(まさかあ かつかつはやひあめのおしほみみのみこと )、天之菩卑命(あめのほひのみこと)、天津日子根命(あまつひこねのみこと)、活津日子根命(いくつひこねのむみこと)、熊野久須毘命(くまののくすびこのみこと)、多紀理毘売命(たきりひめのみこと)、市杵島比売命(いちきしまひめのみこと)、田寸津比売命(たきつひめのみこと)、天照大神、素盞嗚命、大山衹命(おおやまつみのみこと)等多くの祭神を祭り、例祭日は10月第1土・日曜日。 拝殿の右手、社務所脇には全長7.1mの横穴式石室が露出している。 墳丘は大きく損なわれ、開口部は狭く、近くに小学校があることから金網が架けられていて中を覗いても真っ暗。
東三河の神社  東三河の古墳    詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 【 2015年09月15日更新 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)写真をクリックすると拡大表示されます

(11)

(12)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ