豊橋鬼祭り   豊橋市八町通3-17   安久美神戸神明社
豊橋を代表する天下の奇祭「鬼祭り」は豊橋三大祭り(安久美神戸神明社の鬼祭り、吉田神社の祇園祭、羽田八幡宮の羽田祭)の一つで、平安時代から続く五穀豊穣と無病息災を願う祭として、毎年2月10・11日に 安久美神戸神明社 で行われ、1980年 1月28日、 国指定重要無形民俗文化財 に指定されている。
10日の前夜祭は岩戸の舞で始まり、11日の本祭は、午後2時頃より境内で神事が始まる。その後、飴といっしょに白い粉がまき散らされ、見物人は頭の先から足の先まで真っ白になってしまうが、この飴を食べると厄除けになり、夏病みしないと伝えられている。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2012年02月11日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

(15)

(16)

(17)

(18)

(19)

(20)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ