前芝燈明台    豊橋市前芝町青木95   このページを印刷
寛文9年(1669)に建設された日本で2番目に古い木造瓦葺きの灯明台で、 昭和40年 5月21日   県指定史跡
前芝湊は年貢米を運ぶ廻船が発着するなど江戸時代水上交通の要塞だった所で、豊川や三河湾を行き来する船の安全を守るために建てられたもの。 ここの光は、田原から西浦の海上からも確認できたとか。 昭和41年に修復復元。
日本初の燈明台(後の灯台)は、明治2年(1869年) 三浦半島・観音崎の燈明台
東三河の史跡 詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2019年8月15日更新 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)屋根の上には船の彫刻が・・・

(6)写真をクリックすると拡大表示されます

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ