牟呂発電所跡    豊橋市牟呂大西町
牟呂発電所は明治26年(1893年)9月に佐藤彌吉、福谷元次 等が豊橋電燈株式会社を設立。牟呂用水の水を利用して、東三河地方で最初の水力発電所として完成。水力だけでは出力が足りず、火力発電の施設を併設した方式は全国的にも珍しいという。
宗住寺の近くの牟呂用水に、レンガ造りの遺構(樋門)が残っている。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2014年02月21日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ