春日神社のイヌマキ     豊橋市多米東町一丁目20-3
春日神社の祭神は日本武尊、大国主神、別雷神、素盞嗚命等で、祭神は3月第3日曜日。
御神木のイヌマキは、幹周 3.43m、樹高 16.8m、推定樹齢 400年以上の他に2本の巨木がある。
マキは針葉樹で通称ホソバと言われ、生垣や防風林として利用され、熟した赤色の実は食べられる。 雌雄異株。
昭和42年2月17日 市指定天然記念物、    とよはしの巨木・名木100選
春になると、東側の道路脇は ハクモクレン(白木蓮)の花 で彩られる。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
   

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

(15)

(16)

(17)

(18)

(19)

(20)

(21)

(22)

(23)

(24)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ