法華寺・木村庄之助碑     豊橋市東脇4丁目12-3
法華宗陣門流の寺院で、山号は法唱山。
門を入った左奥には、大相撲の立行司である第16代 木村庄之助 の碑がある。 
木村庄之助は、嘉永2年(1849年)豊橋市船町で生まれ、明治31年(1898年)1月に16代庄之助を襲名したが、明治45年(1912年)1月6日、肺炎のため死去、享年64。墓は東京都江東区の玉泉院にある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2018年06月10日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)門を入って左手には木村庄之助碑がある

(6)写真をクリックすると碑文が拡大表示されます

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ