冨士神社のコバノミツバツツジ  豊川市萩町神田10番地
永禄年間(1558~69年) 萩城主奥平周防守勝次が富士王明神を崇敬したのが始まりという富士神社は、祭神が木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)で、例祭日は4月第3日曜日。
正に祭神の名のごとく、富士神社から善住寺 の周辺にかけて約3,000本のコバノミツバツツジ が群生し、4月上旬から中旬にかけて淡い色から濃い紅紫までの美しい花を咲かせる。  平成 3年(1991年) 7月26日  市指定天然記念物
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)写真をクリックすると拡大表示されます

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

(15)

(16)

(17)

(18)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ