秋葉神社 センリョウの花と実     豊川市上長山町西水神平86
長山駅の北側の道沿いに秋葉神社が鎮座している。 鬱蒼とした木々の間に、鳥居も無く、祠のような社殿なので気をつけていないと見落としてしまう。 
この社殿の背後にはセンリョウ(千両)がビッシリと群生しており、秋から冬にかけて葉の上に赤い実をいっぱい実らせる。 そして、初夏には米粒よりも小さな白い花が咲くが、余りにも小さいので、写真を撮るのは難しい・・・ チョッとボケ気味なのはお許しを・・・
そして、夏には小さな実が生り、この実が冬には真っ赤に色づく。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2015年11月24日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)
初夏には、神社の周りのセンリョウ(千両)に、白い小さな花が咲く 【 2019年7月3日撮影 】

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)
夏には小さな実が生り、【 2020年8月28日撮影 】

(11)

(12)
その実が、冬には真っ赤に色づく 【 2015年11月24日撮影 】

(13)

(14)

(15)

(16)

(17)

(18)

(19)

(20)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ