赤石神社   豊川市長沢町日焼53
延暦年間(782年~805年)信濃国の諏訪大明神の分霊を勧請し、赤石の地に奉斎したのが始まりという。
祭神は建御名方神(たけみなかたのかみ)で、例祭日:10月第1日曜日
昔、長沢の西の外れにあった沼には大うなぎの化け物が住みつき、地域の人を悩ませていた。 この地に立ち寄った坂上田村麻呂がその化け物を退治したが、その後、沼の水を汲んだ者が次々と病にかかってしまい、人々は祟りだと恐れ、祠を建てその霊を慰めたのが今の赤石神社だと言う。
      ― 広報とよかわ 2014.1.1より引用 ―
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2013年03月04日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ